徳島大学大学院消化器・移植外科学分野 入局希望者の方へ

 

徳島大学消化器・移植外科/小児外科では、毎年新入医局員を10名程度募集しています。
当教室は徳島大学病院の中で消化器外科(肝・胆・膵、胃、大腸・肛門)、移植外科、小児外科を受け持っています。また、新しい臨床研修制度や専門医制度に対応して専門医による指導体制が整っています。

徳島大学では卒後2年間の臨床研修の後、一旦、消化器外科、呼吸器外科、乳腺・甲状腺外科、食道外科、胸部外科、心臓血管外科といった各診療科から構成される大外科への入局となります。その後、専門領域のスペシャリストを目指して各診療科へ入局することとなります。

消化器移植外科入局後は、主に3つのコースでキャリアアップを目指します。

1:「おすすめコース」
社会人大学院制度を利用して、臨床研修と基礎研究の両方を同時に行い、各専門医と医学博士号の両方を効率良く取得する「おすすめコース」

2:「どっぷり研究コース」
最新の基礎研究から医学博士号の取得そして臨床研修・専門医取得を行い、最先端の研究ができる外科医を目指す「どっぷり研究コース」

3:「どっぷり臨床コース」
臨床研修に重点を置き、外科学会、消化器外科学会、小児外科学専門医といった専門医資格を最短で取得することを目指す「どっぷり臨床コース」を用意しています。

いずれのコースも一流の外科医の育成を目指しています。

入局される方の希望に沿って共に進路を考えたいと思いますので、消化器外科、移植外科、小児外科に興味のある方は臨床研修中や大外科入局後どの時期でも結構ですので、できるだけ早いご連絡を待っております。臨床研修は、四国内の地域基幹病院を中心に約20以上の病院があり、消化器外科、小児外科を中心に十分な研修を受けることが可能です。このような体制で、入局後10年以内の医学博士号の取得と各専門医取得を最低限の目標としています。

出身大学、男女の区別は全くありません。一流の外科医になりたい方の入局を歓迎します。

“Ambitious Young Surgeons!”

問い合わせ
〒770-8053 徳島市蔵本町3丁目18-15
徳島大学消化器・移植外科/小児外科 医局総務 東島 潤
メールによるお問い合わせ

TEL:088-633-7139
FAX:088-631-9698
学生担当:東島潤、池本哲也、齋藤裕、柏原秀也






CLOSE